ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

足を組む座り方で左右差のみならず骨盤も後傾

椅子に座ると足を組むという人は多いでしょう。しかし、足を組む座り方は最悪の姿勢。足を組むと血行が悪くなる上に、左右のバランス差が生じます。体も上下で逆方向にねじれるうえに、股関節の後傾も発生。足を組むことで、体にはさまざまな悪影響が生まれるのでした。



スポンサーリンク
足を組む座り方で左右差のみならず骨盤も後傾

足を組むとひざは内転で腰は外旋

足を組むのはすぐにやめたほうがよいです。足を組む座り方は、私たちの体にさまざまな悪影響を与えます。足を組む行為が体にとってどれだけ不自然な動きかを説明しましょう。

まず片方の足が、もう片方の足を圧迫して血行を妨げてしまいます。また、骨盤は左右どちらかに傾いた状態でアンバランス。骨盤の左右差が発生するのです。長時間続けると、腰椎にも負担がかかってしまいます。

足を組むと上側のひざは内転しますが、たいていは体を正面に向けるべく骨盤は外旋方向に力が加わった状態です。ひざの内転と腰の外旋という体の上下がねじれた状態が、腰を痛める原因となります。

足を組むと骨盤が後傾してしまう

足を組む座り方でもっとも危険なのが、足を組んだまま背もたれに寄りかかった姿勢です。この姿勢だと股関節が伸びて骨盤が後傾。これまた腰痛の原因となってしまいます。

ここで、よい座り方の基本は骨盤を前傾させることです。骨盤が前傾させられれば自然と腹圧を意識できて、結果的に腰痛予防となります。しかし、足を組むと骨盤を前傾できないのは明白。これでは腹圧をかけられません。

足を組むのは単なるクセです。ただのカッコつけが身についてしまっただけ。たとえば南の島では、椅子に座るときに足を組む人はいません。足を組むことがいかに不自然かがよくわかるエピソードです。

■「足を組む」おすすめ記事
足を組むと血流が阻害されて心臓に負荷がかかる

■「骨盤」おすすめ記事
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
イスに座って骨盤底筋を鍛えれば尿漏れ改善

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事