ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

中性脂肪の数値には表れない食後高脂血症とは?

食後にだけ中性脂肪の数値が増加するのが食後高脂血症です。通常の健康診断の場合、前日の夕食以降は何も食べずに空腹の状態で血液を採取します。だから健康診断の中性脂肪の数値には、食後高脂血症は表れないのでした。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
中性脂肪の数値には表れない食後高脂血症とは?

中性脂肪の数値が正常値に戻る

そして、中性脂肪の数値に表れない食後高脂血症は、じつは大きな問題につながります。じつは食後高脂血症は、知らず知らずのうちに動脈硬化が進行している可能性があるのです。

食後高脂血症は、食後の中性脂肪の分解が追いつかずに、中性脂肪の数値がグングン上昇してしまう病気。ここで通常の健康診断の場合、前日の夕食以降は何も食べずに血液を採ります。このため、寝ているうちに中性脂肪が正常値に戻ってしまうのです。

さらに、上がった中性脂肪が下がりきらないうちに次の食事を摂ると、そこから再び数値が上昇してしまいます。食後高脂血症は1日中、中性脂肪が高い状態が続いてしまうのです。

中性脂肪の数値では安心できない

ここで、動脈硬化症は中性脂肪の上昇と並行して進むもの。食後だけ中性脂肪が上がっている人も、食前から上がってしまっている人と同様に、動脈硬化が進みやすいことがわかっています。

食後高脂血症によって1日中、中性脂肪が高い状態が続くということは、血管の壁が傷つけられたり、悪玉コレステロールがプラークを作りやすくなるということ。こうして動脈硬化が進行してしまうと考えられるのです。

すなわち、健康診断の中性脂肪の数値だけを見て安心してはいけません。実際、食後高脂血症の人を調べてみると、実年齢よりも血管年齢が上回っている状態でした。食後高脂血症で動脈硬化が進んでいたことが判明したのです。

■「中性脂肪」おすすめ記事
食事後の中性脂肪が高い「隠れ中性脂肪」が急増
中性脂肪が高い人は清涼飲料の表示に注意すべし
寒天ダイエットで中性脂肪の数値が大幅改善した
中性脂肪を減らす「スーパー緑茶」の作り方とは

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事