ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

健康診断の中性脂肪が基準値でも安心はできない

通常の健康診断では中性脂肪が基準値内という人6人に、特殊な方法の血液検査を行ってみました。それは揚げ物たっぷりの食事をしたあとに血液検査をするというもの。この血液検査で血清が白く濁ってしまった人が「隠れ中性脂肪」です。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
健康診断の中性脂肪が基準値でも安心はできない

健康診断では中性脂肪は基準値内

今回の血液検査に参加したのは50~60代の男女6人。通常の健康診断では中性脂肪は基準値内の方々です。まずは1回目の血液検査から。通常の健康診断と同じ方法で採取します。もちろん6人ともまったく問題ありませんでした。

そして、1回目の血液検査が終わったあと、揚げ物たっぷりの食事を摂りました。そのあとに2回目の血液検査を行います。さっそく結果を見てみると、6人中3人に異常が見つかりました。

通常の健康診断の場合、前日の夕食以降は何も食べずに空腹の状態で血液を採取します。つまり、ふだんの検査では見つからない隠れ中性脂肪とは、食後にだけ増加する中性脂肪ということ。その名も食後高脂血症です。

中性脂肪が食後に基準値を超える

私たちが食事をすると、脂肪分は小腸から吸収され、その後に中性脂肪へと変化。血液に乗って全身に運ばれます。つまり食後は、誰しも中性脂肪が多少は上昇するものです。

しかし、中性脂肪が増え始めるとただちにそれを分解する物質が分泌されます。それがリポ蛋白リパーゼと呼ばれる酵素です。健康な人の場合、中性脂肪が増えてもリポ蛋白リパーゼがすみやかに中性脂肪を分解。そのため、食事で上がった中性肪の数値も基準値を超えることなく元に戻ってしまいます。

ところが、なんらかの原因でリポ蛋白リパーゼの働きが弱まると、食後の中性脂肪の分解が追い付かずにグングン上昇。基準値を超えてしまうことになります。すると、食後の中性脂肪が基準値を超えてしまうのです。

■「健康診断」おすすめ記事
健康診断の「再検査」の誤解が招く危険とは?
健康診断の中性脂肪が基準値でも安心はできない
右肩が痛い原因が健康診断でC型肝炎と判明した
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!

■「中性脂肪」おすすめ記事
食事後の中性脂肪が高い「隠れ中性脂肪」が急増
中性脂肪が高い人は清涼飲料の表示に注意すべし
寒天ダイエットで中性脂肪の数値が大幅改善した
中性脂肪を減らす「スーパー緑茶」の作り方とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事