ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

動脈硬化の原因になるのはコロッケより肉の脂身

エビフライやコロッケと、霜降り肉やカルビなど肉の脂身のうち、動脈硬化の原因になりやすいのはどちらでしょう? 正解は肉の脂身なのです。同じ脂っぽい食事にもかかわらず、なぜ肉の脂身が動脈硬化の原因になりやすいかを解説します。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
動脈硬化の原因になるのはコロッケより肉の脂身

動物性脂肪は中性脂肪を増やす

脂は大きく分けて2つの種類があります。一般的にフライに使われるのは、サラダ油やゴマ油などの植物性脂肪です。一方、肉の脂身に含まれるのは動物性脂肪になります。

じつは植物性脂肪より動物性脂肪のほうが、体に入ったときに肝臓である物質に変化しやすいのです。それこそが中性脂肪。中性脂肪とは、私たちが生きていくための大切なエネルギー源です。

この中性脂肪は肝臓から体内に運ばれるとき、ある容器に入って運ばれる仕組み。このとき、同じ容器に相乗りしてくる物質がいます。それが悪玉コレステロールです。

動脈硬化の原因は中性脂肪の割合

通常は中性脂肪と悪玉コレステロールの比率は「4:1」の割合で相乗りして、全身に運ばれます。しかし、動物性脂肪を摂りすぎて中性脂肪が増えすぎてしまうと、増えた中性脂肪が容器が大量に入ってきてしまうのです。

ここで容器のサイズは変わらないため、悪玉コレステロールに残されたスペースが狭くなります。すると、乗り込んだ悪玉コレステロールが小型化してしまうのです。

この小型化こそが動脈硬化の原因。血液中に運ばれた小型の悪玉コレステロールは、通常なら入れないはずの血管壁の小さな傷口などから侵入します。そこでプラークというコブを作りはじめて次第に巨大化してしまうのです。

■「動脈硬化」おすすめ記事
名医が実践!血管年齢を若返らせる3つの方法
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
動脈硬化の原因となるのは「そば」より「うどん」
中性脂肪が基準値でも動脈硬化は進む人がいる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事