ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スロトレのニートゥチェストは大腰筋を意識する

腹直筋はお腹の前面を覆っている筋肉。いわゆる割れた腹筋を形成します。より効果的に腹直筋を鍛えるならスロトレがおすすめ。スロトレで「ニートゥチェスト」を行うと、短い時間で効果的に腹直筋を鍛えられます。スロトレのニートゥチェストのやり方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
スロトレのニートゥチェストは大腰筋を意識する

スロトレのニートゥチェスト

「ニートゥチェスト」はニー(ひざ)をチェスト(胸)に引き寄せる筋トレメニュー。腹直筋の筋トレとして知られています。スロトレによるニートゥチェストのやり方を詳しく見ていきましょう。

ニートゥチェストはまず床に座って上体をやや後ろに倒し、手の平を床につけて体を支えます。ひざを伸ばして、足を少し浮かせた状態にしたら準備完了です。この姿勢から両ひざが胸につくくらいまで引き付けたら戻します。

スロトレのニートゥチェストのポイントは、この動作をゆっくり行うこと。息を吐きながら3秒かけて両ひざを胸に引き付けて、息を吸いながら3秒かけて元の位置に戻します。

スロトレで負荷を大きくする

スロトレのニートゥチェストは10回3セットが基本。お腹前面の腹直筋と、へその奥にある大腰筋を意識して筋トレします。上体をやや起こすようにすると、より腹直筋を鍛えることができます。

スロトレしたあとに太ももが疲れるようなら、腹直筋が使われていない可能性が大。腹直筋や大腰筋をあまり使わずに足を上げているということになります。足に力を入れすぎないように注意してください。

負荷がきつくて腹直筋がうまく使えない場合は、片足を伸ばして床につけたまま、片方の足だけを引き寄せるという方法もあります。逆に負荷を大きくしたい場合は、上体を後ろに大きく倒せばOKです。

■「スロトレ」おすすめ記事
筋肉痛が少なくても超回復するのが「スロトレ」
スロトレはシニア世代にピッタリなトレーニング
スロトレが軽い負荷と短い時間で効くメカニズム
スロトレのスクワットは中腰で伸ばし切らない

■「トレーニング」おすすめ記事
免疫力を上げる「腹式呼吸」のトレーニング
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
ほうれい線対策なら「ほほ筋トレーニング」
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事