ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ためしてガッテンおすすめインスタントコーヒー

ためしてガッテンがおすすめするインスタントコーヒーの入れ方を紹介しましょう。インスタントコーヒーがちょっと工夫するだけで、まるで挽きたてのウマさに変身するのです。コーヒー通も絶賛するインスタントコーヒーの入れ方です。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ためしてガッテンおすすめインスタントコーヒー

ためしてガッテンおすすめのコーヒー

さっそく、ためしてガッテンがおすすめするインスタントコーヒーの入れ方を紹介しましょう。カップに適量のインスタントコーヒーの粉を入れたら、ここで入れるのがティースプーン1杯分のお水なのです。

そして、練りつぶすようにインスタントコーヒーの粉を溶いていきます。コーヒーが溶けたら、あとは適量のお湯に入れれば完成です。水でインスタントコーヒーを練るだけで、味がまろやかになります。

実際に、普通の入れ方とおすすめの入れ方で飲み比べると、水で溶いて入れたインスタントコーヒーのほうがスッキリとした味わい。ほのかに甘みを感じるなど、コーヒー通もうなる味でした。

ためしてガッテンの入れ方は音が低い

この2つの入れ方のコーヒー、カップをスプーンで叩いてみると微妙に音が違っていることがわかります。おすすめの入れ方のほうがやや音が低い印象。これはコーヒーの中に含まれている泡の多いことが影響しています。

コーヒーの中にある小さな泡が高い周波数の音を吸収。これが叩いた音が少し低く聞こえる理由です。ためしてガッテンおすすめの入れ方のほうが、小さな泡が多いことを意味しています。

ここでインスタントコーヒーの粉を拡大すると、1つ1つの粉には小さな穴が空いていました。これは製造時に水分を飛ばすためにできる穴。この穴からたくさんの空気が出て小さな泡が発生。泡が多いのはインスタントコーヒーの粉がよく溶けている証拠なのでした。

■「インスタントコーヒー」おすすめ記事
インスタントコーヒーおすすめ技で挽きたての味
インスタントコーヒーを飲むだけでダイエット

■「コーヒー」おすすめ記事
肝硬変の食事なら1日1杯以上のドリップコーヒー
昼寝効果を高める寝る30分前のコーヒーの秘密
コーヒーダイエットは運動の1時間前に1~2杯
美味しいコーヒーの入れ方はスターバックス直伝

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事