ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「お風呂で温まってすぐ寝る」快眠方法は大間違い

「お風呂で温まってすぐ寝る」とは、誰もが母親にいわれたことのある言葉。そのためか、入浴してすぐ寝ることが快眠方法と信じて疑わない人も多いでしょう。しかし、お風呂のあとにする寝る快眠方法は大間違い。寝る3時間前に入浴するのが正しい快眠方法なのです。



スポンサーリンク
「お風呂で温まってすぐ寝る」快眠方法は大間違い

快眠方法と漠然と信じられている

快眠方法と漠然と信じられているのが「お風呂で温まってすぐ寝る」という行為。じつは、入浴してすぐ寝る行為は快眠方法ではありません。それは、すでに実験によって裏付けられているのです。

その実験とは、お風呂に入って3時間後に寝るグループと、お風呂に入ってすぐ寝るグループに分けて、どちらが快眠できるかを脳波形で調べたもの。どちらのグループの就寝時間も午後10時です。

すると、お風呂に入って3時間後に寝るグループは脳波計の波の間隔が広く、熟睡している状態。一方、お風呂に入ってすぐ寝るグループの脳波計は、波の間隔が狭くシャープな波形。熟睡できていないことを示していました。

快眠方法のカギとなる脳の温度

じつは、快眠方法としてカギとなるのが、脳の温度を下げるタイミングです。お風呂に入ってすぐ寝ると、上昇した脳の温度がなかなか冷えません。すると、熟睡できないのです。

そして、脳の温度をうまく下げるタイミングがお風呂に入って3時間後に寝ること。いったん上がった脳の温度が3時間かけて徐々に下がっていきます。睡眠を誘う物質であるメラトニンがたくさん分泌されて快眠できるのです。

つまり「お風呂で温まってすぐ寝る」は快眠方法としては大間違い。逆に寝つきが悪くなって、快眠できません。正しい快眠方法は「お風呂に入って3時間後に寝る」なのでした。

■「快眠方法」おすすめ記事
快眠方法いろいろ…パジャマのすそはインすべし
快眠方法の決定版!寝る前1分で実践できる体操
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事