ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

レジスタントスターチを活用して手軽に便秘解消

レジスタントスターチを活用すれば、手軽に便秘解消できます。レジスタントスターチと聞くとなんだか難しそうですが、要は冷やした炭水化物のこと。ご飯やパスタなどは、少し冷やすだけでレジスタントスターチに変化するのです。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
レジスタントスターチを活用して手軽に便秘解消

レジスタントスターチは消化しにくい

通常、便秘気味の人は食物繊維をたくさん摂ったり、ヨーグルトなどの乳製品を摂るもの。そこまでしなくても、主食であるご飯やパスタを少し冷やして食べるだけで、便秘解消効果が期待できるのです。

冷やした炭水化物と聞いて誰もが思い浮かぶのが、ざるそばや冷やし中華、冷製パスタなど。じつはこれら冷やした炭水化物に多く含まれるある成分が、便秘に効果ありと医学界で注目されているのです。

主食の中の炭水化物は冷やすことによって、消化しにくい形に変わっていきます。それがレジスタントスターチです。

レジスタントスターチで便の量が増加

レジスタントスターチとは、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれるでんぷんの一種です。通常、温かい炭水化物にはでんぷんが多く含まれていますが、炭水化物を冷やすことでそのでんぷんがレジスタントスターチに変化することがわかってきたのです。

通常、でんぷんというのは糖がたくさん結合した形ですが、これは腸から吸収されやすい結合の形になっています。ところが、これを冷やすと結合の様式がちょっと変わって、消化されにくい、切断されにくい形に変わるのです。

炭水化物を冷やすことで増えたレジスタントスターチは、食物繊維と同じように小腸では分解されず、大腸まで到達。便の量を増やして便を排出しやすくしてくれます。その結果、健康的に痩せる効果も期待されているのです。

■「レジスタントスターチ」おすすめ記事
太らないお菓子とレジスタントスターチの関係
レジスタントスターチは加熱後に冷やすと増える

■「便秘」おすすめ記事
「便秘」は体に充満するガスが原因だった!
8時間以上の空腹が「便秘」を解消する秘訣
便秘の人は「くも膜下出血」になりやすい!?
食物繊維のとりすぎで便秘がさらに詰まる理由
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療
便秘の原因!日本人は洋式トイレに向いていない
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消
便秘改善なら洋式トイレの前かがみポーズが効く

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事