ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋を鍛えるとあらゆる動作が機敏になる理由

腹横筋を鍛えるとあらゆる動作が機敏になります。じつは腹横筋は、人間が何らかの動作をしようとしたときに最初に動く筋肉。あらゆる動きの基点となってます。このため、腹横筋を鍛えいているかいないかで、あらゆる動作が機敏になるわけです。



スポンサーリンク
腹横筋を鍛えるとあらゆる動作が機敏になる理由

腹横筋が骨格の空白地帯を固める

横から見た人間の骨格をイメージしてください。胴体部分の上部は肋骨で囲まれていて、下部は骨盤で支えられた構造になっています。しかし、腹部はぽっかり空洞。骨格が背骨しかありません。

骨格だけを見ると、腹部はかなり不安定な場所。この骨格の空白地帯をがっちり固めるのが腹横筋なのです。肋骨から骨盤までの幅で、コルセットのような形状で腹部をぐるりと囲んでいます。

これだけでも腹横筋がいかに重要な筋肉かがわかるはず。しかもあまり体を動かさない現代人は腹横筋が弱り気味なのです。だからこそ、腹横筋を鍛えることはとても大切なのです。

腹横筋で動作が機敏になる好循環

腹横筋が弱体化した状態というのは、いわば内臓がたぷたぷと動いてしまうような状態。いわば水が入った大きな風船をお腹に抱えているような状態といえるでしょう。

そんな水入り風船を抱えてダッシュしても、機敏な動きはできません。また、無事に動き出せたとしても、今度は止まろうとしたときも大変。水が移動する反動で体が流れてしまうのは明白です。

このため、腹横筋を鍛えるとあらゆる動作が機敏になります。動作が機敏になればそれだけ運動量もアップして消費カロリーが上昇。ますます動作が機敏になる好循環が生まれるでしょう。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事