ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛えるときの注意点とは

ジムに出かけたりしなくても、家でトレーニングできるのがバランスボールの魅力。椅子代わりにして座るだけで、腹筋のインナーマッスルを鍛えることができます。とはいえ、漫然とバランスボールを椅子代わりにしても効果薄。バランスボールで腹筋を鍛えるときの注意点を紹介します。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えるときの注意点とは

バランスボールで腹筋を鍛える姿勢

バランスボールで腹筋を鍛える基本は、椅子代わりに使うときに正しい姿勢をとることです。バランスボールで正しい姿勢をとるのは意外に難しいもの。片方の肩が下がったり、どちらかのお尻に加重がかかったりするのです。

バランスボールで腹筋を鍛えるときのチェックポイントは、左右の肩と骨盤のラインが床と並行かどうか。ひざとつま先は正面を向けます。横から見たときに、バランスボールの中心と骨盤、肩、耳を一直線にするのです。

大小の差はあれど、誰にでも体のゆがみはあるもの。バランスボールを椅子代わりに座ることで、それをまっすぐに調整することも可能です。腹筋を鍛えながら体のゆがみも調整できるのがバランスボールの魅力といえます。

バランスボールで腹筋を鍛える動き

正しい姿勢ができたら、バランスボールで腹筋を鍛える基本「前後・左右・回旋」の動きをマスターします。まず前後の動きは、正しい姿勢のまま骨盤を前に動かすというもの。頭の位置を動かさないようにして、背中を丸めながら骨盤をゆっくり前にずらします。

左右の動きは、上体をまっすぐにしたまま骨盤だけをゆっくり左右に動かすというもの。お尻を左右に引き上げるイメージです。頭が動いたり肩が下がったりしないように注意しましょう。

回旋の動きは、下半身と頭を正面に向けたまま固定して、上半身だけを左右にねじります。胸の前で両腕を組んでひじを肩より少し下げて行うと、肩が下がったりしません。ひざやつま先が流れないように注意してください。

■「バランスボール腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事