ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

夏太りを防ぐための大腰筋トレーニングのやり方

夏太りは基礎代謝の低下が原因です。夏は汗をかいて痩せるイメージがありますが、じつは熱を作り出すエネルギーが最小限で済むため基礎代謝が低下するので。冷たいものの食べすぎで内蔵が冷えることでも基礎代謝が低下します。そこで、大腰筋トレーニングで基礎代謝を上げましょう。



スポンサーリンク
夏太りを防ぐための大腰筋トレーニングのやり方

夏太りは基礎代謝の低下が原因

夏太りの原因の1つに食事があります。150gのご飯1杯と100gのそうめん1人前、どちらが夏太りしやすいでしょう? じつは、そうめんのほうが夏太りしやすい食べ物なのです。

ご飯1杯はおよそ240kcalに対して、そうめん100gはおよそ356kcal。しかも、そうめんはのど越しがよいのでよく噛まずにつるりと食べてしまい、満腹中枢が刺激されません。つい食べ過ぎてしまう可能性があるのです。

とはいえ夏太りの原因は食事だけではありません。じつは、夏は基礎謝が低下します。夏は熱を作り出すエネルギーが最小限で済むため基礎代謝が低下するだけでなく、内臓が冷えることによる基礎代謝が下がってしまうのです。

夏太りを防ぐ大腰筋トレーニング

そんな夏太りを防ぐためには大腰筋トレーニングが効果的。大腰筋は肉の部位でいればフィレ。フィレは太くて長い大腰筋を輪切りにしたものです。太くて長い筋肉をトレーニングすれば、基礎代謝がグンとアップします。

まず仰向けに寝たら、上体を少し起こしてください。ここから左足と右手を同時に上げます。次に足が床に着かないようにして、右足と左手を同時に上げます。横になったまま歩行の動きをしているイメージです。

こうして、上体と足を床に着けないまま、手足を交互に上げ下げします。10回繰り返したら、手足と上体を下ろしてください。大腰筋トレーニング10回3セットを、朝と夜にやることで夏太りを予防できます。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事