ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インスタントコーヒーでもがんの予防効果はある

2015年、国立がん研究センターが発表したがん予防にもっとも効果がある飲み物がコーヒー。コーヒーの抗酸化作用によって、がんの発生を抑えられていると考えられています。しかも、インスタントコーヒーでもがんの予防効果が期待できるのです。『ジョブチューン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
インスタントコーヒーでもがんの予防効果はある

インスタントコーヒーにがん予防効果

コーヒーのがん予防効果は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの抗酸化作用によって、がんの発生を抑えられていると考えられています。コーヒーといっても、インスタントコーヒーでも効果は変わりません。

毎日2杯以上インスタントコーヒーを飲むと、乳がん、子宮がん、大腸がんの予防効果が期待できます。そして、毎日3杯以上飲むと、口腔がんや咽頭がんのリスクを4割ほど減らせて、肝臓がんのリスクも半分になるのです。

インスタントコーヒーを飲むことは、がんの予防効果以外にもさまざまな健康効果があります。それが肌のシミ予防や肝硬変のリスク軽減、糖尿病の予防効果があることもわかっているのです、

インスタントコーヒーが炎症を抑える

さらにインスタントコーヒーには、心臓や脳の血管の炎症を抑える効果もあります。インスタントコーヒーを1日3~4杯飲むことによって、心臓や脳の病気で亡くなるリスクが2割も減るのです。

インスタントコーヒー以外にも、がん予防に効く飲み物があることもわかっています。たとえば、胃がんの原因はピロリ菌と塩分の摂りすぎ。そこで、塩分を摂りすぎの弊害を減らしてくれるのが野菜ジュースなのです。

野菜ジュースに多く含まれているカリウムが、腎臓から塩分を排出してくれます。野菜ジュースだけでなく、青汁でも十分に効果的でしょう。

■「インスタントコーヒー」おすすめ記事
インスタントコーヒーおすすめ技で挽きたての味
インスタントコーヒーを飲むだけでダイエット

■「コーヒー」おすすめ記事
肝硬変の食事なら1日1杯以上のドリップコーヒー
昼寝効果を高める寝る30分前のコーヒーの秘密
コーヒーダイエットは運動の1時間前に1~2杯
美味しいコーヒーの入れ方はスターバックス直伝

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事