ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋の筋トレは壁の前で上半身をひねるだけ

壁を利用した腹横筋のエクササイズを紹介しましょう。エクササイズといっても、壁の前で息を吐きながら上半身をひねるだけ。これを左右3回ずつ行うだけで腹横筋の筋トレになるのです。腹横筋のエクササイズのやり方を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
腹横筋の筋トレは壁の前で上半身をひねるだけ

腹横筋の筋トレでウエストシェイプ

ウエストをシェイプしたいなら、いわゆる腹筋運動は向いていません。腹筋運動で鍛えられるのは、おもに腹直筋といわれるアウターマッスル。お腹の前方にタテに走っている、いわゆる腹筋です。

腹直筋をいくら鍛えても、ウエストにシェイプしません。ウエストのくびれを作るには、じつはインナーマッスルが重要。とくに、お腹をコルセットのように囲っている腹横筋の筋トレが効果的です。

腹横筋の筋トレといっても、相手はインナーマッスル。腹直筋などのアウターマッスルと違って、ふだんはあまり意識することのない筋肉です。腹横筋は一般的な筋トレメニューとは異なる方法で鍛えることができます。

腹横筋の筋トレは体の軸をキープ

腹横筋の筋トレエクササイズは、壁に沿うように直角の位置に立って行うもの。体の側面を壁に付けた状態で両腕を前方に肩の高さに上げたら準備完了です。「前へならえ」の姿勢といえばわかりやすいでしょう。

この体勢から壁側ではない腕を中指から外に回していきます。腕が肩甲骨の延長線上まで来たら、今度は視線を指先に向けて息を吐きながら、上半身をグッと回すのです。

ここで体の軸はまっすぐをキープ。開ききったら今度は息を吸いながら腕を前に戻します。ポイントは目線は指先ですが、おへそは前に向けたままにすること。1日1回、左右3回ずつ行うだけで、腹横筋を筋トレできます。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事