ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールは体幹以外も鍛えられるツール

バランスボールで鍛えられるのは体幹だけではありません。手軽なストレッチ器具として使えるだけでなく、本格的な筋トレツールや有酸素運動のトレーニングマシンになります。そこで、バランスボールで体幹を鍛える基本的な使い方から、さまざまなのバリエーションを紹介します。



スポンサーリンク
バランスボールは体幹以外も鍛えられるツール

バランスボールで体幹を鍛える

バランスボールの使い方の基本は、椅子代わりに使うこと。オフィスならオフィスチェア、家ならソファの代わりにバランスボールに座るだけで、体幹のインナーマッスルを鍛えることができるのです。

バランスボールに座った状態で、腰を前後や左右に少し動かすだけでも十分な運動になります。体幹の前面も後面もガチガチになるほど。トレーニングの時間がとれない人には便利なツールでしょう。

バランスボールはストレッチにも使えます。たとえば、ひざ立ちした正面にバランスボールを置いて、両手をボールに置いてください。前方に転がしながら背中を伸ばすと、バランスボールならではの伸びやかなストレッチが実践できます。

バランスボールで体幹の筋トレ

バランスボールは筋トレにも効果的。体の一部を乗せて筋トレを行うと、筋トレ工が倍増するからです。両ひじをボールについて足先まで体を一直線にするエクササイズが典型例。バランスボールを安定させるために、体幹のインナーマッスルがより鍛えられるのです。

バランスボールは有酸素運動にも使えます。ボールに座ってリズミカルに跳ねながらエクササイズを行うのです。バランスボールに座って軽く弾みながら、足を大きく開いたり閉じたり、手を動かしたりします。

このようにバランスボールは体幹を鍛える以外の使い方がいろいろあります。使い方次第で、さまざまなトレーニングツールになるのです。ふだんからバランスボールを使うようにしましょう。

■「バランスボール」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「体幹」おすすめ記事
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
ウエストにくびれを作る体幹トレーニングとは
インナーマッスルと体幹はイコールではなかった
足の痛みの原因はヒールではなく体幹にあった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事