ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓下垂を骨盤底筋群を鍛えることで解消する

内臓下垂は、内臓を正しい位置に保持するインナーマッスルの筋力低下が原因です。なかでも注目すべきは骨盤底筋群。恥骨から肛門あたりまでの骨盤の底に位置するインナーマッスルです。内臓下垂を骨盤底筋群を鍛えることで解消する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
内臓下垂を骨盤底筋群を鍛えることで解消する

内臓下垂は骨盤底筋群を鍛える

内臓下垂は、腸やお腹まわりの内臓を支える骨盤底筋群を鍛えれば防げるだけでなく、ぽっこりお腹もすっきりさせられます。また、内臓底筋群の強化は尿漏れ予防などにも効果的です。

そこで、内臓下垂を解消するための骨盤底筋群の鍛え方を紹介しましょう。まずは両ひざを肩幅に開いて、つま先同士を合わせて両ひざ立ちの姿勢をとります。

骨盤底筋群をお腹のほうに引き上げるイメージでキュッと引き締めた状態がスタートポジションです。スタートポジションで一度息を吸ったら、息を吐きながらお尻をゆっくり後ろに引きます。

内臓下垂を解消する鍛え方とは

このとき背筋はまっすぐのままキープ。肋骨も前に出ないように注意してください。次に、お尻を引いたまま息を吸ったら、息を吐きながらお尻をゆっくり前に引き上げていきます。

骨盤底筋群は引き締めた状態を保ったまま。背筋がまっすぐに起き上がったとき、さらにお尻をグッと内側に締めます。内臓下垂を解消する骨盤底筋群の鍛え方は、10回を1セットにして、2セット行うのが目安です。

なお、この骨盤底筋群の鍛え方が楽にできる場合は、お尻の引き方で負荷を調整します。お尻がかかとに触れるくらいまでお尻を深く引くことで、骨盤底筋群にかかる負荷がアップするのです。

■「内臓下垂」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消する方法
内臓下垂を解消するなら骨盤の歪みを治すべし

■「骨盤底筋」おすすめ記事
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
イスに座って骨盤底筋を鍛えれば尿漏れ改善

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事