ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋を鍛えるなら四つん這いでお腹を上下する

お腹をぐるりと覆うような形状ですから、天然のコルセットとも呼ばれるインナーマッスルが腹横筋です。ふだんから正しい姿勢を意識して腹横筋を鍛えれば、ウエストを細くすることができます。そんな腹横筋を集中的に鍛えるエクササイズを紹介しましょう。



スポンサーリンク
腹横筋を鍛えるなら四つん這いでお腹を上下する

腹横筋はお腹のインナーマッスル

腹横筋はまるでコルセットのようなお腹のインナーマッスルです。腹横筋を鍛えることで効率よくお腹を部分痩せできます。さっそく、腹横筋を鍛えるためのエクササイズを紹介しましょう。

腹横筋のエクササイズは四つん這いになって行います。重力は天井のほうからかかっていますから、ここでお腹の力を抜くと臓器が重力で下に引っ張られるのが通常。お腹がだらんとゆるんでくれます。

この体勢から背中のほうにお腹を引き込むのです。ここでお腹を引き込むという動きは、腹横筋が重力に対抗して収縮するということ。すなわち、四つん這いでお腹をへこませるだけで、腹横筋は鍛えることができるのです。

腹横筋は腰痛と深い関わりがある

腹横筋を鍛えるお腹を上下させる動きは、呼吸に合わせて行うとより効果的。息を吐きながらお腹をゆるめたら、息を吸いながら腹横筋を収縮させてお腹を引き込むのです。

なお、腹横筋は腰痛と深い関わりがあります。じつは人間のあらゆる動作で一番最初に動くのが腹横筋。日常生活のさまざまな動きの先読み筋ともいえます。ものを取ろうと手を伸ばしたときも、最初に動くのは腹横筋です。

ここで腹横筋の機能が弱っていると先読みではなく、あと読み筋となってしまいます。こうなると、ものを取ったときの負担がダイレクトに腰にかかるということ。腹横筋を鍛えることが腰痛予防にもなるのです。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事