ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

三半規管を鍛えるバランスボールトレーニング

年齢とともに衰えていく三半規管。衰えた三半規管は、めまいや転倒を引き起こします。だからこそ、三半規管はふだんから鍛えておくことが大切です。三半規管を鍛えるならバランスボールトレーニングがおすすめ。バランスボールの微妙な揺れで三半規管を鍛えることができるのです。



スポンサーリンク
三半規管を鍛えるバランスボールトレーニング

三半規管を鍛えるバランスボール

三半規管とは、耳の中にあるX軸Y軸Z軸の3方向を感じるセンサー。このため、三半規管が衰えると、体のバランスを保つことができません。ところが、三半規管は加齢によって衰えていく性質があります。

そこで、大切なのは三半規管を鍛えるトレーニング。三半規管は体がX軸Y軸Z軸に動くような状況を作って機能させることで鍛えることができます。そこでおすすめは、三半規管を鍛えるバランスボールトレーニングです。

バランスボールトレーニングといっても、やり方はバランスボールに座るだけ。これで三半規管のセンサーがうまく使えるようになります。まず、地面に足をつけてバランスボールに座ってください。

三半規管を鍛える3次元的姿勢変化

三半規管を鍛えるなら、まずはバランスボールにそのまま座ります。ただ座っているだけでも、微妙に体が揺れているため、三半規管が鍛えられるのです。座ることに慣れてきたら、お尻を左右や前後にずらしてください。

三半規管を鍛えるコツは、耳の奥の三半規管にそば殻のようなものが溜まっているイメージを持つこと。そば殻をザザーっと動かすように、バランスボールのお尻をずらしていくのです。

さらに慣れてきたら、お尻だけでなく手や首を左右や前後に動かしてみましょう。さらに三半規管を鍛えることができます。3次元的に姿勢を変化させることで、平衡感覚を鍛えることができるのです。

■「三半規管を鍛える」おすすめ記事
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止

■「バランスボール」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「耳」に関するおすすめ記事
大人の中耳炎「滲出性中耳炎」症状と見分け方
先天性耳瘻孔は何歳までに手術をするべきか
好酸球性が原因の中耳炎で聴力ゼロの可能性
アカは自然に出てくる!?耳かきは不要だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事