ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

皮下脂肪を落とすだけで割れた腹筋が手に入る

皮下脂肪を落とすだけで割れた腹筋が手に入ります。そもそも腹筋は割れているものだからです。ただし、内臓脂肪はすぐに減らせる一方で、皮下脂肪は落とすのに時間がかかります。そこで、効率的に皮下脂肪を落として割れた腹筋を手に入れる方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
皮下脂肪を落とすだけで割れた腹筋が手に入る

皮下脂肪を落とすにはウォーキング

そもそも腹筋は割れているもの。肋骨の下から恥骨までつながっている左右2本の腹直筋に、腱画というヨコの線が入っているのです。腱画はタテに長い腹直筋をヨコに区切って、短い範囲で収縮させることを可能にしています。

このため、皮下脂肪を落とすだけで割れた腹筋を手に入れることが可能。そして、皮下脂肪を効率的に落とす方法が有酸素運動になります。

じつは皮下脂肪を落とすには、無酸素運動である100mダッシュを20回やってもあまり意味がありません。それよりも、有酸素運動である20分以上のウォーキングをしたほうが効果的なのです。

皮下脂肪を落とすには有酸素運動

皮下脂肪を落とすのに有酸素運動が有効な理由は、使う筋肉とエネルギー源の違いにあります。100mダッシュが使うのは瞬発的な動きをする速筋なのに対し、ウォーキングで使われる筋肉は遅筋です。

速筋と遅筋ではエネルギー源が違います。速筋は、筋グリコーゲンという筋肉内の糖分をおもに使用。脂肪はほとんど使われません。一方の遅筋は、肺から取り入れた酸素で脂肪を燃やしてエネルギーにするのです。

これが速筋を使うトレーニングが無酸素運動、遅筋を使うトレーニングが有酸素運動と呼ばれる理由。そして、皮下脂肪を落とすには有酸素運動が効果的なのです。

■「皮下脂肪」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
皮下脂肪の落とし方は「つまんで燃焼させる」

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事