ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪と内臓下垂と皮下脂肪がお腹の肉の原因

ひと口にお腹の肉といっても原因は複雑です。一般的には肥満が原因と考えられていますが、じつはもっと奥深くに問題が隠れているのです。お腹の肉の原因は3つあります。それが内臓脂肪と内臓下垂と皮下脂肪。それぞれがどのようにお腹の肉に影響を与えているかを見ていきましょう。



スポンサーリンク
内臓脂肪と内臓下垂と皮下脂肪がお腹の肉の原因

内臓脂肪にお腹の肉の原因がある

肥満とは体脂肪が溜まりすぎた状態を表します。体脂肪率が男性で20%、女性で30%を超えると肥満です。肥満を解消してお腹の肉を落とすには、体重ではなく体脂肪に注目しなければなりません。

とはいえ、体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にあり、指でつまめる体脂肪。直接つまめるお腹のお肉は皮下脂肪です。

一方で、内臓脂肪は内臓につく体脂肪になります。過剰に溜まると筋肉を外に押し出す形でふくらんでくるのです。このため、お腹の肉は表面的な皮下脂肪ではなく、内臓脂肪に原因がある場合もあります。

内臓下垂がほとんどのお腹の肉の原因

さらに、お腹の肉の原因には内臓下垂の問題も存在。これはお腹のインナーマッスルが衰えることによって、胃や腸などの内臓群が本来あるべき位置より下垂してしまう現象です。

内蔵下垂になると、内臓が骨盤に溜まったような状態になって、お腹が内側から太くなってしまいます。じつはほとんどのお腹の肉の原因が、この内臓下垂なのです。

このように、ひと口にお腹の肉といっても、その原因は3つにあるということ。自分のお腹の肉の原因が正しく把握して、効率よくダイエットするようにしましょう。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事