ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

皮下脂肪を落とすのではなく移動させる方法とは

脂肪の位置は変えられるのをご存じですか? だったら、女性のぽっこりお腹についた皮下脂肪は、落とすより胸やお尻に移動させたほうが得。やわらかい脂肪が適度についた体は、女性らしくて魅力的です。皮下脂肪を落とすのではなく、移動させる方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
皮下脂肪を落とすのではなく移動させる方法とは

皮下脂肪を落とすのではなく移動

お腹や胸、お尻などはもともと皮下脂肪が多く、重力の影響を受けやすい部位。シニア世代の体型が崩れるのは、皮下脂肪の下垂に原因があります。加齢とともに下垂した皮下脂肪は、骨盤など大きな骨の周囲に溜まるのです。

こうなると、まず考えるのがダイエット。皮下脂肪をどのように落とすかを考える人がほとんどです。しかし、皮下脂肪を落とすのではなく移動させる方法があるのです。

体を強くもむと化学伝達物質であるノルアドレナリンが分泌。皮下の中性脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解されます。遊離脂肪酸は血中に放出されて、代わりに水が侵入。脂肪細胞がやわらかくなるのです。

皮下脂肪は落とすのでなく戻す

さらにもみ続けると水が徐々に排出され、脂肪細胞は小さくなります。やわらかくなった脂肪は移動しやすい状態。骨盤に溜まった皮下脂肪は落とすのでなく、重力と逆方向に押し上げることで、本来あるべき位置に戻せるのです。

体が温まったお風呂上りは皮下脂肪の移動に最適なタイミング。つかんだときに固かったり痛かったりする皮下脂肪は、まずはほぐすことが肝心です。ほぐすことで脂肪はふわふわになり、移動しやすくなります。

皮下脂肪を移動させる方法は、広い範囲を大胆につかむことがポイント。親指と人差し指の間を大きく広げ、つかむ部分に手を当てます。親指とそれ以外の4本の指で挟むように、強めの力で皮下脂肪をキャッチ。4本の指は固定して、親指でつかんだ皮下脂肪を痛みを感じるくらいに強く押すのです。

■「皮下脂肪」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
皮下脂肪の落とし方は「つまんで燃焼させる」

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事