ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

高齢者の体操に腸腰筋を鍛える「4秒筋トレ」

インナーマッスルのスペシャリスト・都竹医師が、高齢者の体操のために考案した「4秒筋トレ」を紹介しましょう。健康寿命を延ばすには、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えることが大切。そこで、高齢者でも実践できる体操を考案したというわけです。



スポンサーリンク
高齢者の体操に腸腰筋を鍛える「4秒筋トレ」

高齢者体操で腸腰筋を鍛える

健康寿命の延ばすために、インナーマッスルの中でもとくに重要なのは腸腰筋になります。腸腰筋とはお腹の奥、腰と太ももの間にあるインナーマッスル。足を引き上げたり、骨盤をスッと立ててくれる筋肉です。

この腸腰筋を鍛えると背筋がまっすぐになり、いつまでも自分の足で歩くための丈夫な足腰を手に入れることができます。そして、腸腰筋を中心にお腹まわりのインナーマッスルを鍛えるための高齢者体操を紹介しましょう。

まずは椅子にしっかり座って、背筋を伸ばします。ここで左足を床からちょっと引き上げた体勢がスタートポジション。引き上げるのは、太ももの下に手の平が入るくらいの高さで十分です。

高齢者体操のポイントは太もも

スタートポジションから4秒かけてゆっくり左ひざを延ばします。そして、伸ばしきる手前でストップ。今度は4秒かけてゆっくり戻します。腸腰筋を鍛える高齢者体操はたったのこれだけです。

高齢者体操はこれを10回繰り返します。この間、なるべく地面に足をつけないようにすると効果的です。反対側の足も同様に行ってください。

高齢者体操のポイントは、太ももをちょっと椅子から上げておくこと。これで太ももの前側の筋肉だけでなく、同時にお腹の中のインナーマッスルにも効くようになるのです。

■「高齢者の体操」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

■「インナーマッスル」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事