ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

誤嚥性肺炎の予防にはスポーツ吹き矢が効果的

誤嚥性肺炎を予防するならスポーツ吹き矢が効果的です。スポーツ吹き矢は健康増進を目的として、気功の腹式呼吸と昔ながらの吹き矢を組み合わせたスポーツ。横隔膜が鍛えられて呼吸機能が改善するため、誤嚥性肺炎の予防に役立つのです。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
誤嚥性肺炎の予防にはスポーツ吹き矢が効果的

誤嚥性肺炎の予防に呼吸機能の向上

横隔膜は肺の下にある呼吸を行うために重要なインナーマッスル。この横隔膜を鍛えられるのがスポーツ吹き矢です。しっかり息を吸い込んで一気に吐くことで、横隔膜の動きに緩急がついてよく動くようになります。

ヒトの呼吸は横隔膜の動きによって行われているもの。横隔膜が動くと胸の中の圧力が変化して、肺が膨張したり収縮したりします。つまり、横隔膜の動きで呼吸ができるわけです。

スポーツ吹き矢は、こうした横隔膜の上下運動を何回も行います。すると横隔膜が鍛えられ、呼吸機能が向上。そして、さらに呼吸機能の向上が誤嚥性肺炎の予防にも役立つわけです。

誤嚥性肺炎の予防する吐き出す力

そもそも誤嚥とは誤って、気管の中に異物が入り込んでしまうこと。健康なら咳込んで、異物を外に出すことができます。しかし、呼吸機能が低下していると外に出すことができずに異物が気管に入ってしまうのです。

すると、異物に含まれる細菌が肺で繁殖。炎症を引き起こして誤嚥性肺炎となります。現在、日本人の死亡原因の第3位は肺炎。この肺炎での死亡者の95%は65歳以上の高齢者になります。そして、肺炎のほとんどが誤嚥性肺炎です。

スポーツ吹き矢はサッカーなどのスポーツと違って、シニア世代でも楽しめる種目。スポーツ吹き矢で横隔膜の上下運動を繰り返せば呼吸機能が改善。吐き出す力が強くなって誤嚥性肺炎を予防できるのです。

■「誤嚥性肺炎」おすすめ記事
誤嚥性肺炎の原因!新型ドライマウスとは?
65歳以上の死亡原因の多くは「誤嚥性肺炎」
周富徳も死去した「誤えん性肺炎」の危険性
「誤えん性肺炎」危険度チェックと予防体操
誤嚥性肺炎を防ぐ「口腔ケア」と「食事法」
誤嚥性肺炎の急増で肺炎が日本人の死因第3位に
喉頭蓋の閉じるタイミングが誤嚥性肺炎の原因

■「スポーツ吹き矢」おすすめ記事
尿失禁の改善に効果があるスポーツ吹き矢とは?
スポーツ吹き矢で重要なのは矢を吹く前後の動作
骨盤底筋を自宅で鍛える簡易版スポーツ吹き矢

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事