ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋トレーニングでシニアでも筋肉は太くなる

大腰筋はトレーニングすれば太くなる筋肉。しかも大腰筋はトレーニングでシニア世代でも太くなるのです。大腰筋は上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉ながら、意識していないとどんどん細くなってしまいます。転倒しない体作りには大腰筋トレーニングは欠かせません。



スポンサーリンク
大腰筋トレーニングでシニアでも筋肉は太くなる

大腰筋トレーニングしないと細くなる

大腰筋が注目され始めたのはごく最近のことです。人間の歩行能力や運動能力を高める非常に重要な役割を担うインナーマッスルとして、スポーツや医学の専門家が盛んに研究されるようになりました。

大腰筋は文字どおり、腰の中にある大きな筋肉です。背骨から骨盤の中を通って大腿骨につながっています。インナーマッスルという言葉どおり、体の中を通っているため、外から触れることはできません。

そのこともあって、大腰筋はトレーニングせずに放っておくと年齢とともにどんどん細くなってしまうもの。加齢にともなう大腰筋の横断面積の変化を見てみると、20代をピークに右肩下がりになっているのです。

大腰筋トレーニングで減少を抑える

大腰筋の断面積は60代男性では、20代に比べてほぼ半分になってしまいます。同様に70代女性の場合も、大腰筋の断面積は20代のほぼ半分になってしまうのです。

一方で、大腰筋はトレーニングすればシニア世代でも太くなるという特徴もあります。実際、70歳でも週2回の筋力トレーニングをすると、1年後には大腰筋が平均7%も太くなっていました。

しかも、大腰筋をトレーニングしなかった人は平均8%も細くなっていたのです。大腰筋はトレーニングすることで加齢による減少を抑えることが可能。シニア世代でも逆に太くすることができるのです。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事