ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋の筋トレなら前後の踏み込み運動が効果的

大腰筋の筋トレなら、その場で一歩踏み込んで元に戻るという踏み込み運動が効果的です。前に一歩踏み込んで元の姿勢に戻ったら、同じ足で後ろに踏み込んでまた元に戻るという動きを繰り返します。この前後の踏み込み運動こそ、大腰筋の筋トレに最適なメニューになのです。



スポンサーリンク
大腰筋の筋トレなら前後の踏み込み運動が効果的

大腰筋を筋トレに前後の踏み込み

さっそく、前後の踏み込み運動で大腰筋を筋トレしましょう。背すじを伸ばして腰に手を当て、体の芯を保った直立姿勢がスタートポジション。この体勢から右足を一歩前に踏み込んで、腰を沈めたら強く息を吐くのです。

このとき、左足はひざを曲げた状態で伸ばしきらないようにします。また、踏み込んだ右足のつま先より、ひざが前に出ないようにも注意。ひざを痛める原因になってしまうからです。

次に、息を吸いながら右足を後ろにゆっくり戻します。ひざのバネを使わずに、股関節を交互に動かすことを意識。そのまま、右足を後ろに一歩踏み込んで腰を深く沈めます。このときグッと踏みとどまる瞬間に強く息を吐くのです。

大腰筋に強く効く筋トレメニュー

ここで上体が後ろに傾かないように軽く胸を張り、背すじを伸ばします。再び息を吸いながら右足を前に持ち上げたら、スタートポジションです。この前後の動きを10回行ったら、足を変えてもう10回行ってください。

前後の踏み込み運動は、踏み込む前に足を持ち上げるとき、そして踏み込んだときに大腰筋を鍛えます。とくに、踏み出す側ではない軸足の大腰筋に強く効く筋トレメニューです。

このため、大腰筋の筋トレのポイントは股関節を中心にして足を前後に大きく振るように意識すること。そして、腰を深く沈めることです。呼吸のタイミングもしっかり意識して行いましょう。

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事