ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ミトコンドリアを増やすとスタミナがアップする

スタミナをアップするなら、体の細胞の中にあるミトコンドリアを増やす必要があります。ミトコンドリアを増やすとスタミナがアップするメカニズムと、その具体的な方法について、詳しく見ていきましょう。『ためしてガッテン』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
ミトコンドリアを増やすとスタミナがアップする

ミトコンドリアとスタミナの関連性

ミトコンドリアとスタミナの関連性がわかるラットを使った実験があります。マサチューセッツ工科大学のLeonard Guarente博士の研究では、ラットを2つのグループに分けて実験が行われました。

1つは遺伝子操作によってミトコンドリアの量を減らたグループ、もう1つはミトコンドリアの量を増やしたグループ。そのうえで同じ負荷の運動をさせると、ミトコンドリアが多いラットのほうが長時間走り続けることができたのです。

ミトコンドリアは呼吸で取り込んだ「酸素」と食事で摂り込んだ「糖」と「脂」から「ATP」というエネルギー源を作ります。ATPは腕にあれば腕の筋肉を動かし、心臓にあれば心筋を動かしますし、脳にあれば神経がちゃんと情報を伝えられるようにするものです。

ミトコンドリアを増やすと疲れない

すなわちミトコンドリアが作るATPが、私たちの体のエネルギー源。なんとミトコンドリアが1日に作るATPは50㎏にも及ぶのです。逆にいえば、ミトコンドリアがなければ私たちは生きていくことすらできないのです。

そして、ミトコンドリアを増やすことができれば、おのずと産出されるATPも増えます。すると、体力が落ちてきたと思っていた人が、長時間動いても疲れなくなったりするわけです。

しかも、ATPは体力的なエネルギーになるわけではありません。ミトコンドリアを増やすことで増加したATPは、脳のエネルギーにもなるもの。日々の暮らしの中でのやる気もアップするのでした。

■「ミトコンドリアを増やす」おすすめ記事
ミトコンドリアの祖先は元は別の生き物だった
ミトコンドリアを増やす方法はインターバル速歩
ミトコンドリアを増やすにはスイッチがあった
ミトコンドリアを増やす方法はたった1分の運動
ミトコンドリアを増やすとどんな効果が現れる?
ミトコンドリアを増やすならカロリー制限する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事