ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

よく眠れる方法は半身浴ではなく全身浴だった

よく眠れる方法で必ず出てくるのがお風呂。寝る前のお風呂は半身浴と全身浴のどちらがよいのでしょう? また、お風呂を上がっていざ寝るときのパジャマの着方にもよく眠れる方法があります。意外と知らないよく眠れる方法ノウハウをまとめて紹介しましょう。



スポンサーリンク
よく眠れる方法は半身浴ではなく全身浴だった

よく眠れる方法は寝る前の全身浴

よく眠れる方法として、寝る前にお風呂に入ることがよく推奨されています。とはいえ、お風呂にも入り方はいろいろあるもの。一番気になるのが、半身浴がよいのか全身浴がよいのかという点です。

じつは寝る前のお風呂は、半身浴より全身浴がおすすめ。保温効果もありますが、じつは浮力によるリラックス効果が重要なのです。半身浴より全身浴で、お湯に浮いた状態がリラックス効果を発揮します。

すなわち、よく眠れる方法は寝る前の全身浴ということになります。首までつかって浮力に任せ、重力の影響を受けないようにしましょう。よく眠れる方法としてだけでなく、肩こりを解消する方法にもつながります。

よく眠れる方法はパジャマをイン

いざ寝るときにも使える、よく眠れる方法があります。それはパジャマの上着のすそは必ずインすること。その理由は、パジャマのすそをインすると寝返りがうちやすいからです。

よい寝返りがうてることが、よく眠れる方法の条件になります。パジャマの上着のすそをインすることでお腹まわりがスッキリ。寝返りがうちやすいこと、イコール快眠方法なのです。

その意味では、パジャマ代わりにパーカーを着るのは避けましょう。首が苦しくなったり寝違えたりして、よく眠れません。場合によっては肩こりの原因になったりします。首周りはスッキリしたもので寝るのが基本です。

■「よく眠れる方法」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事