ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋を鍛えるときはタオルを使って体幹を安定

腹横筋を鍛えるエクササイズはさまざま。ここではタオルを使って体幹を安定させて、腹横筋を鍛える方法を紹介しましょう。腹横筋を鍛えることは、ぽっこりお腹を解消する近道。腹横筋はだらんと内臓下垂している臓器群を、正しい位置に引き戻す働きがあるからです。



スポンサーリンク
腹横筋を鍛えるときはタオルを使って体幹を安定

腹横筋をタオルを使って鍛える

腹横筋をタオルを使って鍛えるエクササイズを紹介しましょう。まずは床に左ひざをついて右足を前にして、片足立ちの体勢になってください。手をみぞおちの高さにして、両手でタオルの両端を握ります。

ここで顔を正面を向けたまま、右方向に体をひねるのです。イメージとしては、お腹からねじります。片足立ちしている足の側に、体をひねるのが腹横筋を鍛えるポイントです。

腹横筋を鍛えるエクササイズは、左右の足を入れ替えて20回ずつ行います。これを1日2セット行うようにしてください。

腹横筋を鍛えるエクササイズ

腹横筋を鍛えるエクササイズはタオルを持たないと軸がブレて、効果が半減してしまいます。タオルを持つことで体幹が安定。より効果的に腹横筋を鍛えることができます。

いわゆるぽっこりお腹は、じつは腹横筋の衰えが原因です。内臓を正しい位置に保持する腹横筋が衰えると、内臓下垂が発生。骨盤に溜まった臓器群が横にはみ出す形でぽっこりお腹を形成します。

このため、ぽっこりお腹の解消には内臓下垂の解消が不可欠。すなわち、腹横筋を鍛えなければ、ぽっこりお腹は治りません。腹横筋を鍛えるエクササイズで、内臓下垂を解消しましょう。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事