ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

よく眠れる方法「顔・首・背中」のストレッチ

寝る前に行うストレッチは、筋肉をグッと伸ばすことで睡眠ホルモンを分泌させます。すなわち、寝る前のストレッチこそがよく眠れる方法ということ。凝り固まった筋肉をゆるめると、睡眠ホルモンの分泌が促します。よく眠れる方法「顔・首・背中」のストレッチを紹介しましょう。



スポンサーリンク
よく眠れる方法「顔・首・背中」のストレッチ

よく眠れる方法なら顔のストレッチ

よく眠れる方法に、寝る前のストレッチがあります。なかでも、よく眠れる方法に効果的なパーツが「顔」。表情を顔に出すのが苦手とされる日本人は、顔の筋肉がとくにこわばりがちです。

そんな顔の筋肉を寝る前にストレッチしましょう。まずギューッと顔のパーツを中央に集めるようにします。口は鼻の近くに…というイメージで、顔の全部のパーツを中心に寄せて、そのあとに一気に脱力するのです。

力の抜き方がわからない人に、力を抜くようにいっても無理な話。わざと力を入れさせてから脱力することで、力の抜き方がわかるようになります。脱力のときはできるだけバカな顔をするのがポイントです。

よく眠れる方法に背中のストレッチ

このほか、よく眠れる方法に効果的なストレッチパーツは「首」と「背中」になります。とくに背中は、日常生活で筋肉が張ったままになりやすい場所です。

首のストレッチは、首の筋肉が伸びているのを意識しながら、頭をできる限りゆっくりと360度回すだけ。自分がイメージするよりさらにゆっくり、20秒ほどかけて1周させます。

背中のストレッチするは、床にあぐらをかいて頭に手を置いた状態から、背骨のあいだを1つ1つゆっくり広げるようなイメージで、約15秒かけて体を前に倒していきます。背中周りの筋肉が開くことで体がリラックス。よく眠れる方法につながるというわけです。

■「よく眠れる方法」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
とっておきのよく眠れる方法「感情日記」とは?
よく眠れる方法「眠れないときはベッドを出る」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事