ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

減塩プログラムなのに塩を減らさないメニュー

これまでに全国で5千人以上が減塩に成功している方法があります。それがなんと、塩を減らさない減塩法というもの。実際に減塩プログラムのメニューを口にすると、かなり味がついていました。減塩プログラムを詳しく見ていきましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
減塩プログラムなのに塩を減らさないメニュー

減塩に挑戦する特別入院プログラム

塩を減らさない減塩法を提唱するのが、近江八幡市立総合医療センター腎臓センター顧問の八田告さん。八田さんの勤める病院は、10年前から減塩に挑戦したい人向けに1週間の特別入院プログラムを用意しています。

この減塩の特別入院プログラムですでに、600人以上の減塩に成功。同じ減塩法を使って、全国でなんと5千人以上が減塩に成功しているといいます。

その中の1人、51歳の男性は根っからの濃い味好き。焼肉だったらタレたっぷり、天ぷらだったら天つゆから何からをつけまくりといいます。とにかく濃い味が好きなのです。

減塩プログラムの食事を一口食べる

しかし、この男性は1か月前に腎臓病を発症。濃い味好きがたたって、塩分を摂りすぎていたのです。心配した家族の勧めもあって、この減塩プログラムに参加しました。

この減塩プログラムの一番のポイントはもちろん食事。減塩プログラムなのに塩を減らさない、摩訶不思議なメニューです。牛肉の中華炒めやナスの煮びたしなど、おいしそうなメニューが揃っています。

さっそく、その減塩プログラムの食事を一口食べてみると、かなり味がついているとのこと。普通の食事変わらないというのです。薄味の食事と覚悟してきたのに…と驚くほかありません。しかも、この食事を1週間続けると、誰もが薄味好きになってしまうのです。

■「減塩プログラム」おすすめ記事
血圧を下げる方法「減塩水クッキング」が効く
長野の長寿の秘密は「減塩指導」のたまもの
減塩レシピに早変わりする泡しょう油の作り方
減塩レシピは「減塩水」を調味料に使うのがミソ
減塩レシピは主菜と副菜のメリハリが成功の秘訣
減塩レシピが成功する理由を脳科学的に説明する
減塩レシピによって1週間で味の感度がアップ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事