ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖質制限メニューで糖質の代わりに摂るべきもの

普通の食事で主食だけを抜きましたとなると、完全な栄養失調になってしまいます。これが糖質制限メニューのよくないポイントです。糖質制限メニューで糖質を制限した代わりに、何を摂るかきっちり押さえておかないとなりません。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
糖質制限メニューで糖質の代わりに摂るべきもの

糖質制限メニューで大切なのは脂質

糖質制限メニューで大切なのは糖質の代わりに脂質を摂ること。脂質は細胞やホルモンの材料となったり、体を動かすエネルギー源にもなる重要な栄養素だからです。

糖質制限メニューは、1日3食すべてで実行しなくてもOKです。1日2食を糖質制限メニューに変えるだけで、十分に痩せられます。もちろん、1日1食だけ糖質制限メニューにすることから始めてもかまいません。

だんだん糖質を減らしていくと、体もだんだん順応していきます。糖質をエネルギーを変える回路から、脂肪をエネルギーに変えていく回路に切り替わっていくのです。

糖質制限メニューは味付けにも注意

糖質制限メニューではアルコールを飲むこともOKです。ただし、糖質を含むビールや日本酒、ワインは飲めません。焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は糖質をほぼ含まないため飲んでもOKです。

糖質制限メニューは食材だけでなく、味付けにも注意する必要があります。砂糖はもちろん、はちみつやみりん、ポン酢やケチャップ、ソースなどは糖質が多いので避けましょう。

たとえば、鶏もも肉の照り焼きは糖質制限メニューではありません。たれに砂糖とみりんを使用しているため、糖質が多いからです。糖質制限メニューで使ってよい調味料は、塩、醤油、酢、マヨネーズになります。

■「糖質制限」おすすめ記事
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事