ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

すぐ寝れる方法はベッドに入る1時間前の歯磨き

睡眠前の歯磨きは歯茎を刺激してしまい、一時的に睡眠ホルモンが減ってしまいます。すぐ寝れる方法としては、ベッドに入る1時間前の歯磨きがおすすめ。一度減った睡眠ホルモンの分泌量が再び増え始めます。そんな、とっておきのすぐ寝れる方法を3つ紹介しましょう。



スポンサーリンク
すぐ寝れる方法はベッドに入る1時間前の歯磨き

すぐ寝れる方法は暖色系のライト

1つめのすぐ寝れる方法は「1時間前の歯磨き」です。逆に睡眠前の歯磨きは歯茎の刺激が一時的に睡眠ホルモンの分泌を抑制してしまいます。歯磨きするならベッドに入る1時間前。睡眠ホルモンの分泌量が再び増えるのです。

2つめのすぐ寝れる方法は「暖色系のライト」です。部屋の中が暗くなる夕方から夜にかけては、暖色系のライトで過ごします。寒色系と暖色系の光を比べると、寒色系を見たほうが睡眠ホルモンの量が減ってしまうからです。

部屋の照明は蛍光灯などの寒色系にするより、白熱灯などの暖色系にするとよいでしょう。寒色系の照明でも、暖色のカバーをするだけで光は暖色系に早変わりするので試してみてください。

すぐ寝れる方法は30分の日光浴

3つめのすぐ寝れる方法は「30分の日光浴」です。これは昼間に30分以上日光浴したグループと、昼間に日光浴しなかったグループとの睡眠ホルモンの比較実験が参考になります。

日光浴をしたグループとしなかったグループに明かりを見せて、睡眠ホルモンの分泌がどのように減るかを比較しました。すると、日光浴したグループは睡眠ホルモンの分泌量が減らなかったのです。

つまり、日中に30分の日光浴をすると、夜に睡眠ホルモンの分泌が減ることを阻止できるということ。30分の日光浴といっても、日の光が差し込む窓際で30分過ごすだけでも効果があります。

■「すぐ寝れる方法」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事