ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

胃下垂の治し方はインナーマッスルの腹横筋が鍵

女性の悩みで多いのが胃下垂は、胃の下部が正常よりも下の位置に垂れ下がっている状態のこと。胃下垂が悪化すると、おへそや骨盤のあたりまで胃が下がってしまうこともあります。そんな胃下垂の治し方はインナーマッスルが重要。なかでも腹横筋が胃下垂の治し方の鍵を握ります。



スポンサーリンク
胃下垂の治し方はインナーマッスルの腹横筋が鍵

胃下垂の治し方は腹横筋が鍵を握る

胃下垂は一般的に、骨盤のゆがみや姿勢の悪さが原因とされています。しかし、胃下垂の本当の原因は腹筋のインナーマッスルの弱体化です。なかでも、内臓を正しい位置に保持する腹横筋に原因があります。

この腹横筋の弱体化すると、内蔵が本来あるべき位置より下がってしまうのです。つまり、胃下垂の治し方とはインナーマッスルの腹横筋が鍵を握っているということ。腹横筋を鍛えれば、胃下垂が治るというわけです。

ただし、腹横筋はいわゆる腹筋運動では鍛えられません。腹横筋がインナーマッスルという深層にある筋肉だからです。そこで、腹横筋を鍛える胃下垂の治し方を紹介しましょう。

胃下垂の治し方はドローインでもOK

胃下垂の治し方は、まず仰向けになってひざを曲げ、手をおへそに置いたら準備完了です。この体勢からおへそを引っ込めながら、手をひざに乗せるようにして上体を引き上げて5秒キープします。

上体を引き上げるのは肩甲骨が浮く程度。腰を浮かさないように注意しながら、この動きを10回ほど繰り返します。こうすることで腹横筋が鍛えられて、胃を正常な位置に戻してくれる機能が復活するはずでしょう。

また、腹横筋はドローインでも鍛えられます。つまり、ドローインも胃下垂の治し方ということです。ドローインは、息を吐き切ってできる限りお腹をへこませた状態をキープするだけ。すきま時間に試してみてください。

■「内臓下垂」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消する方法

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事