ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで体幹を鍛える3つのメニュー

腹筋を鍛える人は多いですが、背筋を鍛える人は少ないでしょう。しかし、体幹の筋肉はバランスが大切。腹筋ばかり鍛えていると体幹が前傾して、猫背気味になってしまいます。そこで、バランスボールで体幹をまんべんなく鍛えるための3つのメニューを紹介しましょう。



スポンサーリンク
バランスボールで体幹を鍛える3つのメニュー

バランスボールで体幹トレーニング

背筋を鍛えるといっても、床にうつ伏せで行う背筋運動はハードルが高いもの。そんなときは、バランスボールによる体幹トレーニングがおすすめです。さっそく、バランスボールで体幹を鍛える3つのメニューを紹介しましょう。

1つめのバランスボール体幹メニューは、うつ伏せでボールを抱えた状態で両足を肩幅に開いて壁に当て、両手を頭の後ろに添えたら準備完了。ボールが動かないように下腹部をボールに押しつけて、上半身をボールに沿って丸めます。

この体勢から行うのが、バランスボールの上での背筋運動。両ひじを開いて上体をおこします。体幹の中でも背中全体の筋肉にアプローチするメニューです。15回を3セット行います。

バランスボールが体幹効果をアップ

2つめのバランスボール体幹メニューは、うつ伏せで下腹部にボールをセットしたまま、壁につけた足から両手の指先までを一直線に伸ばしたら準備完了。この体勢から両ひじを曲げ、肩甲骨を寄せて広背筋を刺激するのです。15回を3セット行います。

2つめのバランスボール体幹メニューは、バランスボールを下腹部をセットして、足から手の指先までを一直線にした体勢になったら準備完了。この体勢からクロールの動作を行います。

腕は付け根から大きく回すことを意識しながら、回した腕のほうへ一緒に顔を向けるのがポイントです。これを左右交互に繰り返して15回を3セット行います。バランスボールが体幹を鍛える効果をアップします。

■「バランスボール」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「体幹」おすすめ記事
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
慢性疲労に効果的な体幹トレーニングの方法とは
体幹トレーニング効果でウエストにくびれが出現
体幹トレーニングの効果はぜんぶで6つある

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事