ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋を鍛えないと瞬発力も持久力も上がらない

腹横筋を鍛えないと瞬発力も持久力も上がりません。じつは腹横筋は、私たちが何かの動作をするときに最初に動く筋肉です。だからこそ、腹横筋が鍛えられていないと、あらゆる動きに影響が出てしまいます。腹横筋を鍛えているかいないかで、瞬発力も持久力も大きく変わるのです。



スポンサーリンク
腹横筋を鍛えないと瞬発力も持久力も上がらない

腹横筋の大切さが骨格標本でわかる

腹横筋が人間にとっていかに大切な筋肉かがわかるのが、人間の骨格標本です。骨格標本を横から見てみると、胴体部分の上部は肋骨で囲まれていて、下部は骨盤で支えられています。

しかし、お腹にある骨格は背骨だけ。この骨格の空白地帯をがっちり固めるのが腹横筋なのです。腹横筋は肋骨から骨盤までの幅で、背骨付近から始まって腹部をぐるりと囲む、コルセットのような形状をしています。

骨格の空白地帯を埋めている腹横筋は、本来は腹部をガッチリ固まっているのが自然な姿。しかし、あまり体幹を動かさない現代人の生活では腹横筋が弱体化しているのです。

腹横筋の弱体化で腹部が固められない

腹横筋が弱体化した状態では、腹部はガッチリ固められません。いわば内臓がたぷたぷと動いてしまうような状態です。いわば水が詰まった風船をお腹に組み込んでいるような状態といえるでしょう。

そんな水風船を抱えてダッシュしても、まず瞬発力が発揮できません。また、水風船を抱えたまま長距離を走ったら、たぷたぷと移動する水の反動でパワーロス。持久力も上がらないことは想像にかたくありません。

これこそが、腹横筋を鍛えないと瞬発力も持久力も上がらない理由。もちろん、スポーツパフォーマンスもガタ落ちします。逆にいえば、腹横筋を鍛えることが瞬発力や持久力をアップすることにつながるのです。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事