ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

高齢者でも超回復がおこるインターバル速歩とは

筋肉はダメージを受けると、運動後にダメージを受けた部位にアミノ酸が取り込まれて、運動前より強く筋肉を修復されます。これが超回復のメカニズム。超回復は高齢者でもおこる現象です。高齢者の超回復でおすすめは、インターバル速歩。歩くだけで超回復がおこるのです。



スポンサーリンク
高齢者でも超回復がおこるインターバル速歩とは

超回復がおこるインターバル速歩

高齢者でも超回復がおこるのがインターバル速歩です。速歩3分を1週間で合計60分行うのがインターバル速歩は。速歩を3分したら、いったん普通の速度で歩きます。しばらく歩いて、自分のタイミングでまた速歩3分行うのです。

1週間かけて合計60分にする方法に決まりはありません。1日5本の速歩15分を週に4日行ったり、1日にまとめて20本の速歩を行ったりでもOK。インターバル速歩の魅力は、毎日続けなくてもよいことにあります。

インターバル速歩での超回復には、速歩のあと30分以内に牛乳200ccを摂取することのポイント。ダメージを受けた筋肉がたくさんのアミノ酸を取り込もうとするタイミングで、良質なアミノ酸を提供して超回復を促すのです。

超回復には筋肉ダメージが不可欠

ここで超回復には、筋肉のダメージが不可欠です。乳酸が出るような強度の高い運動ではじめて筋肉はダメージを受けます。乳酸はグリコーゲンをエネルギー源とする高強度運動時に生じる副産物です。

そして、血中の乳酸濃度が増え始めるのが、最大酸素摂取量の約50%の運動強度になります。ちなみに、インターバル速歩の運動強度は、最大酸素摂取量の70%ほど。ほどよく血中乳酸濃度を高めます。

これがインターバル速歩が高齢者でも超回復をおこすことができる理由。すなわち、歩くだけで超回復がおこるのです。ちなみに普通に歩いている場合は、最大酸素摂取量の約40%に相当します。

■「超回復」おすすめ記事
超回復のサインは筋肉痛!そのメカニズムとは?
超回復で注意すべき2つのオーバートレーニング
超回復は高負荷も低負荷も追い込むことが肝心
超回復が成功するか失敗するか典型的3パターン
超回復のメカニズムを理解して効率的に筋肥大

■「インターバル速歩」おすすめ記事
インターバル速歩で高齢者でも脚力がアップする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事