ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを下げる横隔膜ストレッチの方法

内臓脂肪レベルを下げるなら横隔膜ストレッチがおすすめです。じつは内臓脂肪レベルが上がると、横隔膜が押し上げられて呼吸が浅くなりがち。すると酸素の供給量が減って内臓脂肪が燃えにくくなってしまうのです。内臓脂肪レベルを下げる横隔膜ストレッチの方法を紹介します。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げる横隔膜ストレッチの方法

内臓脂肪レベルで横隔膜が押される

人間の胴体は、心臓や肺がある胸腔と胃や腸などのいわゆる内臓がある腹腔の2つに分けられます。横隔膜はこの胸腔と腹腔の境目にあるもの。呼吸をするときに必要なインナーマッスルです。

ところが、内臓脂肪レベルが上がると腹腔のスペースが減少。消化器官の機能をなんとか保持するために、動きやすい横隔膜が押し上げられることになります。すると、横隔膜が上下に大きく移動できなくなってしまうのです。

こうなると呼吸は浅くなって、胸式呼吸が多くなります。腹式呼吸をしなくなった肺は次第に小さくなっていくものです。肺が小さくなると酸素の供給が減少。脂肪は燃えにくくなり、内臓脂肪レベルがさらに上がる悪循環に陥ります。

内臓脂肪レベルを下げるストレッチ

逆にいえば、横隔膜を上下に動かせるようになれば、結果的に内臓脂肪レベルを下がるということ。そのためには、内臓脂肪で押し上げられてしまった横隔膜を上下させるストレッチ運動が効果的です。

内臓脂肪レベルを下げる横隔膜ストレッチのやり方は、足を肩幅に開いてリラックスして立つのが基本姿勢。両手はだらんと下げた状態で、まずは鼻からゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませます。

そして、今度はお腹に手を当てて、ゆっくり口から息を吐いてお腹をしぼませるのです。さらにお腹の前で両手を組んで、お腹の空気を搾り出すように吐き切ります。1回の呼吸は10秒間かけて行い、吸うときよりも吐くときに時間をかけるのがポイント。1セットあたり5回を朝昼晩の3セット行ってください。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事