ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

水出し緑茶ならではの健康成分エピガロカテキン

水出し緑茶の健康効果に関する驚きの研究結果が発表されました。水出し緑茶に新しい健康効果があるというのです。それがエピガロカテキン。水出し緑茶を飲んでいると、免疫細胞が活性化して感染症などの病気にかかりにくくなるのです。『ためしてガッテン』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
水出し緑茶ならではの健康成分エピガロカテキン

水出し緑茶にエピガロカテキン

現在、緑茶の研究で世界をリードしているのが野菜茶業研究所。水出し緑茶の健康効果は、この研究所の研究員が発見したものです。そもそもは緑茶に含まれるさまざまな成分の働きについて、研究を重ねていました。

しかし、分析のためにはお湯で入れたお茶をその都度、冷まさなければなりません。これを1日何十回もやるのは大変です。そんな研究に追われたある日、試しに水からお茶を入れてみました、

すると、水出し緑茶にある成分が大量に溶けだしているのを発見したのです。その成分こそがエピガロカテキン。カテキンの一種です。エピガロカテキンには、体の中で免疫細胞を活性化する働きがあります。

水出し緑茶が感染症を予防する

実際に、ヒトの細胞にエピガロカテキンを注入すると、マクロファージが激しく動き回ります。マクロファージは白血球の一種で、いわゆる免疫細胞。水出し緑茶を飲むと、感染症などの病気が予防できるというわけです。

エピガロカテキンは、お湯で出した緑茶の中にも含まれているもの。ただし、カテキンがエピガロカテキンの働きを抑えてしまいます。このため、エピガロカテキンの健康効果が得られるのは水出し緑茶のみというわけです。

なお、カテキンとエピガロカテキンはどちらが優秀というものではありません。それぞれ健康効果があるということです。むしろ普通の緑茶と水出し緑茶を飲み分けることで、より幅広い健康効果が得られると考えましょう。

■「水出し緑茶」おすすめ記事
水出し緑茶はカテキンが出ないぶん苦味が少ない
熱中症予防には水出し緑茶がおすすめな理由とは
水出し緑茶の作り方は煎茶10gに氷水100ml

■「緑茶」おすすめ記事
認知症の予防には乳製品と緑茶!アロマセラピー!!
インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事