ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

女性ホルモンを増やす方法は抗酸化作用の食べ物

女性ホルモンを増やす方法なら、抗酸化作用のある食べ物を食べるのがおすすめです。血中の活性酸素が減ることで卵巣などの血行がよくなり、女性ホルモンの分泌が促されるからです。女性ホルモンを増やす方法を詳しく見ていきましょう。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
女性ホルモンを増やす方法

食べ物で女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを増やすなら、卵巣などの血行をよくすることが大切です。抗酸化作用のある食べ物を食べると血中の活性酸素が減少。卵巣などの血行がよくなります。すなわち、抗酸化作用のある食べ物を食べることが、女性ホルモンを増やす方法になるのです。

そんな抗酸化作用を発揮する成分は色の濃い野菜に多く含まれています。なかでもナスには、ナスニンというすぐれた抗酸化物質が豊富に含まれているのです。

こういった色の濃い野菜は調理方法にも注意が必要になります。もっとも抗酸化作用を最大限に生かす食べ方は、なるべく皮ごと生で食べること。調理によって抗酸化作用が減少することがありません。

女性ホルモンを増やす方法を要約

ポリフェノールやビタミンなど、野菜に含まれる抗酸化物質は熱に弱いものや水に溶け出してしまうものが多いもの。生でなければ「焼く・蒸す」という調理方法がよいでしょう。

ナスを煮るとすぐに紫色が煮汁に染み出てしまいます。そこにこそ抗酸化物質が含まれているため「煮る」という調理はあまりおすすめできません。煮たときには、その煮汁も一緒に摂るようにしましょう。

女性ホルモンを増やす方法を要約すると、まずは抗酸化作用のある色の濃い野菜をよく食べること。そして、調理方法はなるべく皮ごと生まで食べるのが基本になります。どうしても調理するなら、焼くか蒸すかがおすすめです。

■「女性ホルモン」おすすめ記事
女装子が実験した女性ホルモンを増やす方法とは

■「女性」おすすめ記事
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし
同じ尿酸値なら女性のほうが危ない – ためしてガッテン
40歳以上の女性7人に1人が「尿漏れ」で悩む
子宮内膜症の原因は女性の排卵回数の増加にある
皮下脂肪に加えて内臓脂肪が溜まるシニア女性
女性化乳房がアルコール好きの男性に増えている
グラム陰性菌の大繁殖に女性ホルモンが過剰反応

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事