ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓下垂を解消するなら骨盤の歪みを治すべし

骨盤の歪みは姿勢の歪み。猫背や出尻などの悪い姿勢の原因となります。しかも、骨盤の歪みの悪影響はそれにとどまりません。なんと内臓下垂にまで波及するのです。逆にいうと、骨盤の歪みを治すことで内臓下垂を解消することができるということ。内臓下垂を解消する方法を紹介します。



スポンサーリンク
内臓下垂を解消するなら骨盤の歪みを治すべし

内臓下垂は骨盤の歪みでもおこる

内臓下垂は骨盤の歪みによってもおこります。そんな内臓下垂を解消する方法が骨盤矯正です。骨盤矯正といっても、ゴムバンドを腰に巻くだけ。腰を締めることで骨盤の歪みを矯正して、内蔵下垂を解消します。

具体的に内臓下垂を解消する方法は、おへそから指4本分下の骨盤の位置にゴムバンドを巻くだけ。ゴムバンドを前側から巻き始めて後ろで交差させ、体の前で結ぶのです。

内臓下垂を解消する方法は5分間、ゴムバンドを巻くことを1回数回繰り返すというもの。そのほかに食事制限などはいっさいナシ。ただしゴムバンドを巻いている5分間は、なるべく体を動かすようにしてください。

内臓下垂を解消する効果をアップ

内臓下垂を解消する効果をさらにアップさせたいなら、骨盤に加えて上半身にゴムバンドを巻きましょう。ちょうどゴムバンドをたすき掛けする感じです。

具体的な巻き方は、ゴムバンドを背中に当てて両脇の下を通したら、両端を首の後ろで交差。それを背中側から脇の下を通します。余った部分をゴムバンドに挟み込んで固定するのです。

ゴムバンドで姿勢がよくなるので、自然と腹筋のインナーマッスルが鍛えられます。内臓下垂の原因の1つは腹筋のインナーマッスルの筋力低下です。このため、内臓下垂の解消効果が倍増するというわけです。

■「内臓下垂」おすすめ記事
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
腹筋インナーマッスルで内臓下垂を解消する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事