ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ビタミンCを効果的に摂るなら食後のデザート

ビタミンCが豊富なものといえば、やはり野菜や果物です。しかし、ビタミンCは摂り方によって体へ吸収される効果が大きく違っています。ビタミンCは上手に摂らないと、すぐにおしっこに出てしまうという厄介な特徴があるのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ビタミンCを効果的に摂るなら食後のデザート

ビタミンCの効果的な摂り方を実験

ビタミンCの効果的な摂り方について大実験してみました。ビタミンC100㎎について、2つのグループのうち片方だけ、ある重要なコツをやってもらいます。そして、尿に出るビタミンCを測定するのです。尿にビタミンCが多く含まれているほど、体から出て無駄になっていることになります。

その結果、重要なコツをやったグループは6時間経過しても、ほとんど尿にビタミンCは出ていません。しかし、何もしないグループは1時間後から0.3nmol/mgと漏れ出てしまっています。6時間後でも0.1nmol/mgを計測しました。

このビタミンCを効果的に摂るための重要なコツとは、食後に摂ることです。空腹時にビタミンCを摂ると、すばやく吸収されます。

ビタミンCは食後に摂るのが効果的

それはそれでよいことと思われますが、私たちの体はそれほどビタミンCを保持できません。このため、余分に入ってきたビタミンCはすぐに尿として排出されてしまうのです。

しかし、食後にビタミンCを摂ると、食べたものと一緒にゆっくりと胃から腸へと進んでいきます。そして、腸でゆっくり吸収されることになるので、少しずつ使われたビタミンCの分だけ補えるというわけです。

このため、食後のデザートに果物を食べるのは非常に理に適っているということ。食後はビタミンCを効果的に摂るのによいタイミングです。サプリメントのビタミンCも、食後に摂ったほうが効果的といえます。

■「ビタミンC効果」おすすめ記事
ビタミンCの効果を得るには1日最低100mgを摂取
ビタミンCの効果で心臓血管系の死亡率が下がる

■「ビタミンC」おすすめ記事
αリポ酸は抗酸化作用はビタミンCより強力
酸化防止剤で入っているビタミンCは栄養ナシ
尿酸はビタミンCの代わって抗酸化作用を担う
ビタミンCを食べ物から摂るのは人間だけだった
ビタミンCが食べ物を放置することで2倍になる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事