ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛える4種類のメニュー

バランスボールで腹筋を鍛える4種類のメニューを紹介しましょう。体幹部を安定させる感覚をつかむメニューを行ったのちに、下腹部、上腹部、腹斜筋のメニューでバランスボールで腹筋を鍛えていきます。腹筋を鍛えるなら、バランスボールを使ったメニューが効果的です。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛える4種類のメニュー

バランスボールで腹筋を鍛える

バランスボールで腹筋を鍛える1つめのメニューは、体幹部を安定させる感覚をつかみます。まずバランスボールの中心からやや手前に両ひじをついてください。そして、両足を伸ばして体全体を一直線にします。

この体勢から行うのが、ひじを前に押し出してボールを転がして、また元の位置に戻るという動き。ポイントは体を一直線にした状態をキープすること。キツくて動けない人はひざをついてやるとよいでしょう。

バランスボールで腹筋を鍛える2つめのメニューは、仰向けになって足でボールを挟んで上げ下げする動きです。股関節は90度の位置からスタート。腰を床に押し付けながら、腰が反らないところまでボールを下ろしたら元に戻ります。

バランスボールで腹筋効果がアップ

バランスボールで腹筋を鍛える3つめのメニューは、ボールの上で行う腹筋運動。足を肩幅に開いてバランスボールの前部分に座り、ボールに背中を沿わせて仰向けになって、両手を頭の後ろに添えたら準備完了です。

この体勢からお尻の位置を変えずに上体をおこして、腹筋を収縮させたら元に戻ります。ポイントは下半身をしっかり固定すること。バランスボールの不安定さが腹筋の筋トレ効果をアップします。

バランスボールで腹筋を鍛える4つめのメニューは、横向きで腰骨あたりにボールをセットして行う運動。壁に両足を伸ばして横を向いて、上半身をボールに沿わせてお腹を伸ばします。両手を頭の後ろに添えて、腰骨を支点に上体をおこしすのです。

■「バランスボール腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事