ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果が半減するよくある間違いとは?

お腹をへこませるドローインは、スポーツでも健康でもよい効果を発揮します。しかし、正しくドローインできていないケースがほとんど。せっかくドローインしても効果が半減していまいます。ドローイン効果が半減してしまう、よくある間違いを見ていきましょう。



スポンサーリンク
ドローイン効果が半減するよくある間違いとは?

ドローイン効果が半減してしまう理由

まず仰向けになって、ドローインしてお腹に力を入れてください。このとき、お腹の中央が盛り上がっている状態がよくある間違い。お腹を輪切りにしたとしたら、おへそ付近が山形に盛り上がっている状態です。

お腹の中央が山形ということは、アウターマッスルの腹直筋に力が入っている証拠。ドローインはインナーマッスルである腹横筋を鍛えなければなりません。これがドローイン効果が半減してしまう理由です。

正しいドローインは仰向けになってお腹をふくらませたら、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませるところが勝負。吐き切ってからさらにお腹をへこませると効果的です。下腹部全体を沈ませるように意識しましょう。

ドローイン効果をチェックする方法

ここでドローイン効果のチェックになるのが腰骨のくぼみです。腰骨の左右の突起の内側部分が、硬くなっているかを確かめてください。ちなみに、突起の正式名称は腸骨の上前腸骨棘といいます。

腸骨の上前腸骨棘の内側はくぼんでいますが、そこが硬くなった筋肉で埋められていたら、ドローイン効果がインナーマッスルによく効いている状態です。

また、ここでもお腹が平らかどうかチェックしておきましょう。お腹が平らでないときは、アウターマッスルの腹直筋が使われていることを示しています。ドローイン効果が半減してしまうので、常に気をつけるようにしましょう。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事