ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝起きれないときは布団の中でグーパー体操する

朝起きれないときは、起き上がる前に布団の中でグーパー体操するのがおすすめ。布団の中で手足の指を開いたり閉じたりするのです。寝ている間に手足に滞留している血液を全身に送ることで、朝起きれない状態を解消してくれます。『林修の今でしょ講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
朝起きれないときは布団の中でグーパー体操する

朝起きれないときに勢いよくはNG

朝は目が覚めてもなかなか布団から出られません。なかには、朝起きれないからと、思い切って勢いよく起きるという人も多いでしょう。しかし、勢いよく起き上がるのは絶対にやめましょう。

というのも、脳卒中など大きな病気を招く危険性が潜んでいるからです。勢いよく起きると血圧が急上昇してします。とくに冬の朝などは、寒さで血管が狭まって細くなっている状態です。

細い血管にはより負担がかかることとなり、血管が傷つきやすくなってしまいます。最悪の場合、脳卒中を引き起こす危険もあるのです。だからこそ朝起きれないときに、勢いよく起きることはおすすめできません。

朝起きれないときはグーパー体操

朝起きれないときは、医学的に正しい起き方をすれば気持ちよく起きることができます。朝起きられないときの医学的テクニックとは、起き上がる前に布団の中で手足の指を開いたり閉じたりすることです、

すなわち、布団の中で手足のグーパー体操が医学的におすすめの起き方。というのも、私たちが寝ているときは副交感神経が優位な状態です。副交感神経が優位になると血管が広がるため、手足に血液が集まりやすくなります。

そこで、布団の中で手足を30回ほど動かすことで、手足に集まった血液を全身の血流が全身に流れるようになるのです。すると体が温まるうえ、脳の血流がよくなります。朝起きれない人はぜひ試してみましょう。

■「グーパー体操」おすすめ記事
南雲吉則が表情筋を鍛える顔面グーパー体操とは

■「体操」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事