ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

プロテアーゼを体内から出すため歯磨きは朝イチ

プロテアーゼとは口の中に細菌が増えることで発生する酵素。インフルエンザ応援酵素とも呼ばれます。朝イチはプロテーゼがいっぱい発生した状態。のどに付着する前に体内から出す必要があります。歯磨きは朝イチにすべきなのです。『林修の今でしょ講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
プロテアーゼを体内から出すため歯磨きは朝イチ

プロテアーゼがのどの粘膜を破壊

正しい歯磨きのポイントはタイミング。目覚めたら何よりすぐに歯磨きしましょう。とくに冬は、起きたら口の中にインフルエンザ応援酵素とも呼ばれるプロテーゼがたくさんあるからです。

プロテアーゼとは、口の中に細菌が増えることで発生する酵素です。朝は口の中に細菌が溜まった状態なので、このプロテアーゼも多くなっています。

通常、のどの粘膜をタンパク質が保護しているため、インフルエンザウイルスが着かずに感染を防いでくれているもの。プロテアーゼは粘膜の壁を壊すため、インフルエンザに感染しやすくなるのです。

プロテアーゼを歯磨きで洗い流す

日中、人間がおきている間は唾液の作用で口の中の細菌は抑えられています。しかし、寝ている間は唾液が出ずに乾燥しているため、細菌が増えやすいのです。すなわち、インフルエンザ応援酵素であるプロテアーゼが多く存在します。

この状態で朝ご飯を食べると、食べ物と一緒にプロテアーゼを飲み込んでしまうことで体内に侵入。のどに付着していしまうと、酵素が粘膜のタンパク質の壁を破壊して、インフルエンザウイルスを侵入しやすくしてしまうのです。

インフルエンザのウイルスはのどに付着すると、20分程度で体内に入ってきてしまいます。だからこそ、目覚めたらすぐに歯を磨いてプロテアーゼを体内から洗い流すことが大切なのです。

■「歯磨き」おすすめ記事
免疫力を高める超ソフトタッチの歯磨き法がある
腸内環境を改善!プレ歯磨きからリンゴ牛乳まで
インフルエンザ予防には朝イチ歯磨きが効果的
口腔ケアは3種の歯磨き法を駆使した2度磨き

■「歯」おすすめ記事
突然死の新原因「歯周病」が注目される理由
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している
過剰歯の割合は子ども100人に対して1人程度
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
TCHが肩こりの原因!舌に歯型があったら要注意

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。