ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スタンディングデスクは心臓の負担を軽くする

スタンディングデスクとは、高さを上げた椅子を使わない机。座ったままの時間が長くなるプログラマーの机として導入されています。スタンディングデスクは腰痛予防になるともいわれますが、最大のメリットは心臓の負担を軽くすることです。『林修の今でしょ講座』で紹介されていました。



スポンサーリンク
スタンディングデスクは心臓の負担を軽くする

スタンディングデスクが注目される

座るという、ふだん何気なく行っている動作にはこんなデータがあります。日本人は世界で一番、長い時間座っているというものです。

日本人が1日に座っている平均時間は420分。これはなんと、サウジアラビアと並んで世界第1位になります。第2位はノルウェーやリトアニアほかの360分、第3位はカナダやスペインほかの300分と続きます。

座りっぱなしの姿勢は腰に負担がかかるもの。じつは立っているほうが腰の負担は下がるのです。そこで注目されているのがスタンディングデスク。座りっぱなしでの作業の多いプログラマーの机として導入されています。

スタンディングデスクのメリット

スタンディングデスクのメリットは腰痛防止だけではありません。座るという行為は、体にすごく負担をかけている場合があるのです。1日11時間以上座る人は、4時間未満の人に比べて、死亡リスクが40%高いのです。

心臓から流れ出た血液は下半身にも到達します。ここで血液を心臓に戻してくれる役目を果たすのが足の筋肉。足の筋肉が動くことによるポンプ効果で、血液は心臓に戻ってきているのです。

ここで足の筋肉活動が少なくなると、心臓にそれだけ負担がかかるということ。心肥大の原因となります。すなわちスタンディングデスクには、心臓の負担を軽くしてくれるというメリットがあるのです。

■「心臓」おすすめ記事
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
スポーツ選手の心臓は一般人の2倍も大きい
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減
心臓が原因の「物忘れ」があることが判明!
心臓が停止する「脈とび」は9割の人に発生
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。