ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛えながら集中力アップ

バランスボールは腹筋インナーマッスルを鍛えるのに打ってつけです。というのも、インナーマッスルは姿勢を維持する筋肉。バランスが不安定なときこそ稼動するからです。このため、バランスボールで腹筋インナーマッスルを鍛えるなら、あえて不安定な姿勢を作ることがポイントになります。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えながら集中力アップ

バランスボールで腹筋が鍛えられる

腹筋インナーマッスルとはお腹の深層にあって、骨格を安定させる役割を果たす筋肉です。この筋肉が弱いと骨盤の角度がずれてしまいます。すなわち、腹筋インナーマッスルを鍛えることは、骨盤のゆがみを正すために大切です。

腹筋トレーニングでは表層にあるアウターマッスルに目が行きがちですが、腹筋インナーマッスルもしっかり強化することを忘れてはいけません。そのために有効なのがバランスボールです。

バランスボールで腹筋インナーマッスルが鍛えられる理由は、正しい姿勢を維持できていないとボールが転がろうとするから。そこでバランスをとろうとすることで、腹筋インナーマッスルが働くというわけです。

バランスボール腹筋で集中力を高める

このため、バランスボールで効果的に腹筋インナーマッスルを鍛えるなら、不安定な状態を作り出すことがポイント。不安定になったタイミングで、腹筋インナーマッスルが動き出すからです。

不安定なとき、脳の小脳が働いてバランスをとります。椅子に座っているときには小脳の働きは少ないのですが、バランスが悪いと小脳が活発に活動。小脳への血流がよくなり、結果的に脳への血流が多くなって集中力が上がるのです。

すなわち、バランスボールで腹筋インナーマッスルを鍛えると、脳の集中力を高める効果もあるというわけ。学校で椅子代わりにバランスボールを導入したら、成績が上がったという事例もあるほどです。

■「バランスボール腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事