ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果を高めるなら仰向けで両手を開く

体幹トレーニングの基本メニューがドローイン。お腹の深層にあるインナーマッスルを刺激する筋トレメニューです。とくにドローインは、お腹を包み込むようについている腹横筋に効果的。そこで、ドローインのやり方を紹介するとともに、ドローイン効果をアップするコツを紹介します。



スポンサーリンク
ドローイン効果を高めるなら仰向けで両手を開く

ドローインの効果的なやり方

ドローインの効果的なやり方は、仰向けで行うのが基本スタイル。仰向けになって両ひざを立てて、足を骨盤の幅に開いてください。この体勢で5秒かけて鼻から息を吸い込んで、お腹をふくらませます。

お腹いっぱいに息を吸い込んで、お腹の筋肉を緩めるのがポイント。続いて、5秒かけて口から息を吐いてお腹をへこませます。ゆっくり息を吐きながら、お腹の前面と側面の筋肉に働きかけるイメージを持つと効果的です。

ドローインの効果はお腹の側面を触れば確認可能。この部分が固くなっていれば、腹横筋がしっかり使われているということを意味します。これを5回繰り返してください。

ドローイン効果をより高める

最後に、息を吐いてお腹をへこませたら、その状態を30秒キープ。小さく呼吸をしながら、さらにお腹をへこませるようにするのがポイントです。腹横筋が効果的に鍛えられます。

ドローイン効果をより高めるなら、両腕を肩のラインにあわせて開きます。このとき、骨盤から背中は反った状態です。この体勢から、息を吐きながら骨盤から背骨にかけて床に押しつけて5秒キープするのです。

反っていた骨盤から背骨を床に押しつけるイメージ。このドローインは腹横筋だけでなく、脊柱起立筋にも刺激が入ります。これを5回繰り返してください。そして最後に、お腹をへこませた状態を30秒キープします。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事