ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

自宅で有酸素運動するフライパンエクササイズ

自宅で有酸素運動するなら、フライパンを使ってできる簡単エクササイズがおすすめ。その名もフライパンエクササイズです。フライパンの重さで体に負荷をかけられるので、自宅の有酸素運動で脂肪を効率よく燃焼させられます。フライパンエクササイズのやり方を見ていきましょう。



スポンサーリンク
自宅で有酸素運動するフライパンエクササイズ

自宅での有酸素運動のポイント

自宅での有酸素運動のポイントは、3つのエクササイズをそれぞれ30秒行ったら15秒ずつ休憩すること。これを2セット繰り返してトータルで5分弱です。これで20分間のウォーキングと同程度の運動量になります。

自宅での有酸素運動は、まずはフライパンを体の前で8の字に振りながら足踏みするエクササイズ。正面から見て8の字を横に描きます。右上から左下にフライパンを持ってくるときに、左足を上げてください。

15秒休憩したら、今度はフライパンを持ち上げて前後に細かく動かすエクササイズ。肩幅よりやや広めに足を開いたら、軽く腰を落として、フライパンを真上に持ち上げます。この体勢でフライパンを前後に小さく動かすのです。

自宅の有酸素運動で引き締め効果

フライパンを動かすときは、体は動かさずに腕だけ動かすのがポイント。この運動では背中や二の腕、太ももの引き締め効果が期待できます。30秒行ったら15秒休憩してください。

自宅での有酸素運動の最後は、フライパンを真上に持ち上げたら上体を左右に振りながら足を伸ばして左右に振り上げるエクササイズ。フライパンを右に倒したら、右足を伸ばしたまま右側に振り上げます。

このエクササイズでは脇の下をよく伸ばすことがポイント。脇腹や太ももの引き締め効果が期待できます。これを左右交互に繰り返してください。3つのエクササイズをもう1セット繰り返したら、自宅での有酸素運動は終了です。

■「有酸素運動」おすすめ記事
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的
筋トレの順番は有酸素運動の前にするのが基本
お腹痩せに即効で効くのは筋トレ?有酸素運動?
自転車ダイエットは質の高い有酸素運動を目指す

■「酸素」おすすめ記事
老化の真犯人「活性酸素」の4つの種類とは
活性酸素は生きている限り発生せざるをえない
物忘れは不整脈による脳の酸素不足でもおこる
酸素濃度が高ければ長生きできるわけではない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事