ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肩こり解消ストレッチは肩甲骨の動きがポイント

壁を使ってできる肩こり解消ストレッチを紹介しましょう。壁を背にして肩・ひじ・手をつけた状態で、腕を上下に動かすというエクササイズになります。肩こり解消ストレッチは肩甲骨の動きがのポイントです。『駆け込みドクター』で紹介されていました。



スポンサーリンク
肩こり解消ストレッチは肩甲骨の動きがポイント

肩こり解消ストレッチのやり方

さっそく、肩こり解消ストレッチのやり方を紹介しましょう。まずは壁を背にして立ったら、腕を左右に広げて肩とひじと手を壁につけてください。背すじを伸ばして肩甲骨を引き寄せるようにします。

この体勢から、壁に手をつけたまま腕を上下させるのです。腕を上げるときは腕がまっすぐになるまで伸ばし、下げるときはカニのようなポーズになります。

肩こり解消ストレッチは8カウント。「1・2・3」で息を吸いながら手を上げて、「4・5・6」で息を吐きながら手を下げます。下げるときは脇が90度より小さくなるまで、脇を締めるようにしてください。

肩こり解消ストレッチと見た目

肩こり解消ストレッチはこれを5~10回ほど繰り返します。肩の動きの3分の1は肩甲骨が支配しています。肩こり解消ストレッチで肩甲骨まわりの筋肉がほぐれて、肩こりが解消できるのです。

肩こり解消ストレッチは見た目年齢を若くする効果もあります。というのも、肩甲骨の動きは年齢とともに悪くなるもの。肩甲骨の動きの悪さは姿勢の悪さにつながります。これが見た目年齢が年老いてくる原因です。

そのためにも、肩こり解消ストレッチで肩甲骨まわりの筋肉をほぐしていくことが見た目年齢には重要。継続することで肩甲骨まわりの筋肉がほぐれて、悪い姿勢が改善。見た目年齢が若くなってくるでしょう。

■「肩こり解消」おすすめ記事
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!

■「肩こり」おすすめ記事
治らない肩こりの原因は目のズレだった!?
肩こりの原因は肩甲骨が背中側に移動したから!?
噛み合わせのずれが頭痛や肩こりの原因になる
TCHが肩こりの原因!舌に歯型があったら要注意
肩こりの原因は日本人2人に1人「隠れ斜視」かも
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?
肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
肩もみしても治らない肩こりは心臓が原因かも

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事