ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

サルコペニア肥満を予防するためのエクササイズ

サルコペニアとは、ギリシャ語で筋肉が減少するという意味です。その筋肉が減った場所に脂肪が蓄積するのがサルコペニア肥満。サルコペニア肥満は生活習慣病リスクが上昇します。サルコペニア肥満を予防するエクササイズを紹介しましょう。『駆け込みドクター』で紹介されていました。



スポンサーリンク
サルコペニア肥満を予防するためのエクササイズ

サルコペニア肥満予備軍が4人に1人

私たちの筋肉量は20~30歳ごろがピークで、あとは1年に1%ずつ減り続けます。70歳過ぎになると、半分近くまで減少するのです。このように筋肉は年齢とともに減少していきます。その状態をサルコペニアと呼ぶのです。

そして、サルコペニアよりさらに怖いのがサルコペニア肥満。サルコペニアは筋肉が減少して、スカスカの状態になっています。そこに脂肪が蓄積した状態がサルコペニア肥満です。

サルコペニア肥満が怖いのは、糖尿病や高血圧の発症リスクが3倍以上になること。場合によっては、10倍近く高くなるといわれています。そして最近では、シニア女性の4人に1人がサルコペニア肥満予備軍といわれているのです。

サルコペニア肥満を座ったまま予防

そこで、サルコペニア肥満を予防するエクササイズを紹介しましょう。といっても、椅子に座ったままできる簡単なもの。それでも腹筋と背筋をしっかり鍛えられます。

まずは椅子に座って、足を肩幅に開いてしっかり床につけてください。座骨で座るようにしっかり骨盤を立てます。この体勢から、この体勢から手をまっすぐ体と一直線になるように上げたら準備完了です。

状態と腕をまっすぐにしたまま、前方に45度倒します。そのまま5~10秒ほどキープしたら、元に戻ってください。負荷が足りないという場合は、手に中身の入ったペットボトルなどを持てばば、簡単に負荷を上げられます。

■「サルコペニア肥満」おすすめ記事
サルコペニアは立ったまま靴下を履けるかで判定
サルコペニア肥満を簡単にチェックする方法とは
座ってできるサルコペニア肥満予防トレーニング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事